インディゴデザインワークスは、継続的なWebサイト開発と、クラウドサービスによる業務改善を提案する、エンジニアリング&デザインユニットです。WordPressなどCMSの導入や運用管理、テーマ(テンプレート)制作、UXデザインが得意です。

何が出来ますか?

得意です

  • WordPressなどCMSの導入、サイト構築
  • Webサイトの診断、改善提案
  • UXデザイン(ユーザー中心設計に基づく施策と評価)
  • Webサーバーなどインフラ設計、構築、運用保守
  • クラウドサービスを活用した業務改善、提案
  • 上記分野のセミナー講師

苦手です

  • 短納期の受託案件
  • 納期厳守の案件
  • 中〜大規模開発

これらの案件は複数のデザイナー、エンジニアが同時並行で作業を進行させる必要があります。人的資源にゆとりのある、案件規模に見合ったWeb制作会社、システム開発会社にご相談されることをお勧めいたします。

事例

一番最近刷った名刺の肩書は「Web開発者/デザイナー」としました。私自身はしっくりきているのですが、どうも初対面の方には仕事の内容が伝わりにくいです。ということで、最近の事例をご紹介します。

Plus-handicap

Plus-handicap(プラス・ハンディキャップ) は「生きづらさ」に焦点を当てたWEBマガジン。一般社団法人プラス・ハンディキャップが運営しています。

なんとなく「生きづらい」ひとたちの、なかなか「知らない」リアルや「生きづらさ」を打ち破るためのきっかけや改善提案をお届けしています。

最新の記事一覧などをご覧いただくとわかりやすいと思います。障害者、という枠にとらわれず「生きづらさ」にフォーカスして、ポップでカジュアルな切り口でお届けしているWebマガジンです。

こちらの編集長、佐々木一成さんとデザイナーさん、私の3人でWebマガジンのシステムを組んで、数名のライターで立ち上げたのが、昨年2013年の3月。その間、Twitterから炎上した記事から始まり、イケハヤ砲Gunosy砲スマニュー砲などプチ炎上など技術的困難を超えながら順調に記事も読者も増えまして、今秋2014年9月より一般社団法人設立、出版企画のクラウドファンディング成功など、今勢いの増しているプロジェクトです。

このプロジェクトでは、Webインフラ構築とWordPressの保守、テーマの改修、機能追加、Web解析などを普段は担当しています。フロントエンドもバックエンドもみるエンジニア、という役回りです。基本、編集長からリクエストがあると、要望を満たす改修、実装を行なってステージ環境で編集長に確認を取り、即本番環境にデプロイ、リリースします。

他案件でも、ポジションに多少の違いはあれど、基本的に似たりよったりなことをやっております。Plus-handicapに関してはテーマのリファクタリングが行き届いていないので、モバイルデバイスの表示を何とかしたい、というのが目下の課題です。

お問い合わせ

インディゴデザインワークス

メール: consultation@idw.jp

電話受付: 03-4520-9805 (折り返しご連絡いたします。留守番電話にお名前とご連絡先を録音してください。24時間着信可能です。)

営業時間: 祝日除く火曜日〜土曜日 11:00〜18:00

定休日: 日曜日・月曜日・祝日・夏季・年末年始

郵便送付先: 167-0002 東京都中野区上高田4-24-3-108 インディゴデザインワークス

スケジュール